広がるIT技術の今後

IT技術はこれまでとても速いスピードで発展してきました。今後もそれは続くと思いますが、一体どのような発展を遂げるのでしょうか。

まずは今ある技術の発展です。よりスピードが増したり、サービスがよくなったりもするでしょう。
更にインターネットで出来る範囲も広くなると思います。現在はインターネット上で家具家電から食料品まで、様々な商品の買い物が出来ます。家にいながらショッピングが出来るので、こんなに楽なことはありません。
今後は更に、家にいながら医師の診察を受けることが出来る日が来る可能性があります。モニターを通して医師が診察するので、モニターの解析度のレベルを上げ、より鮮明な画面と切れることがないインターネット接続などを確保することが絶対条件だと思いますが、これが出来たら助かる人がたくさんいると思います。もちろん緊急を要する場合は除きますが、普段の診察くらいであればいけるのではないでしょうか。
これが実現すれば俗にいう「2時間待ちの5分診療」と呼ばれる現象はなくなると思うし、患者にとっても医師にとっても負担は少なくなるでしょう。離島や過疎地域の無医地区問題にも貢献しそうです。

それからスマート家電というものもありますね。今は法律上実現出来ないのですが、外出先からスマートフォンを使って家電の電源を入れたり消したりすることが可能になるかもしれません。
そもそも、障害となっているこの法律は60年前の日本で制定されたものですから、遠隔操作でスイッチが入ることになるなどということは考えられていないのです。IT技術の発展のため、今後は過去に作られた法律との協和が必要になってきそうです。